1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. ツール
  5. Target
  6. 使い方

Targetツールの使い方

Targetツールは、対象アプリケーションのコンテンツや機能の概要を提供し、テストワークフローの主要部分を推進させます。Targetタブに関連する主な手順は次の通りです:

手動アプリケーションマッピング

まず、対象アプリケーションを手動でマッピングします。これを行うには、次の手順を実行します:

この手動マッピングプロセスによって、Proxy経由でリクエストした全てのコンテンツや、(パッシブクロールによって)アプリケーションのレスポンス(リンクやフォームなど)から推測できるその他のコンテンツが、Target サイトマップに追加されます。この手動マッピングプロセスによって、目に見える全てのアプリケーションコンテンツのほぼ完全なサイトマップを作成し、アプリケーションについて完全に把握できるようになります。

注: アプリケーションの診断中にBurp Scannerが自動的にセッションを維持できるような方法で、アプリケーションのナビゲーションをパスを取得するため、一部のケースでは手動でのアプリケーションマッピングよりBurpの自動クロールの方が優れています。一方で手動マッピングでは、人間のユーザが処理を誘導し、潜在的に危険な機能を回避し、ナビゲーション動作が期待した結果になっているか検証できます。手動マッピングと自動マッピング、どちらを選択するかは、アプリケーションの性質や結果の使用目的によって大きく異なります。

ターゲットスコープの定義

最初のアプリケーションマッピングが完了したら、サイトマップでブランチを選択し、コンテキストメニューから"スコープに追加"または"スコープから削除"コマンドを選択し、ターゲットスコープを定義します。サイトマップProxy履歴に適切なディスプレイフィルターを設定して、現在興味のないアイテムを非表示にできます。

リクエストされていないアイテムのレビュー

パッシブクロールで検出したがまだリクエストされていない対象内のアイテムを、サイトマップでレビューします。これらのアイテムは、サイトマップに灰色で表示されます。ツリービューでアプリケーション全体を選択し、一覧ビューを"リクエスト時刻"カラムでソート(カラムヘッダをクリック)すると、リクエストされていないアイテムをがグループ化され素早く検索できます。これらのアイテムを手動でレビュー(例えば、各URLをブラウザにコピーするなど)して、さらに気になるコンテンツが含まれているかどうかを確認する必要があります。

隠しコンテンツの探索

アプリケーションの可視コンテンツ(つまり、アプリケーションをブラウズしリンクをたどって観察できたコンテンツ)をマッピングした後、次の自動アクションを実行し可視コンテンツからリンクされていない"隠れた"コンテンツを特定できます:

攻撃経路の分析

アプリケーションの全てのコンテンツと機能を十分にマッピングできたら、サイトマップのコンテンツ(およびProxy履歴)をレビューし、アプリケーションが公開している攻撃経路を理解します。次のサイトマップの機能でこのタスクをサポートできます:

Targetツールのテストワークフロー

アプリケーションを完全にマッピングし攻撃経路を評価した後、サイトマップから詳細な脆弱性テストワークフローを進められます: