1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. 便利な機能
  5. メッセージエディタ
  6. テキストエディタ

テキストエディタ

テキストエディタは、HTTPメッセージエディタで、リクエストとレスポンスを生形式で表示する際や、その他Burpがプレーンテキストのコンテンツを表示する際に使用されます。

構文解析

HTTPリクエストとレスポンスの構文は自動的に色付けされ、リクエストのパラメータやレスポンスのHTML要素などの気になるアイテムを強調表示します。メッセージ表示オプションで、この挙動とフォントを設定できます。

構文の色づけが有効になっている場合、場所によっては構文アイテムのデコードされた値を表示するマウスオーバーポップアップも表示します。HTTPリクエストの場合、ポップアップはURLデコードを行い、レスポンスの場合はHTMLデコードを実行します。

テキストエディタのホットキー

テキストエディタは、様々な一般的な操作でホットキーをサポートしています。これらは、ホットキーオプションで設定でき、テキストエディタに関連するデフォルトのホットキーは次の通りです:

テキストエディタの下部には、表示されたテキスト内から文字列をすばやく見つけるための検索バーがあります。検索ボックスに入力すると、エディタはテキスト内の一致するアイテムを自動的に強調表示します。"<"と">"ボタンを使用して、前または次の一致箇所に移動ができます。"+"ボタンは次のオプションを表示します:

検索の強調表示に加え、Burpツールの中には、リクエストとレスポンスに独自の強調表示を適用するものがあります。例えば、Burp Scanner問題の報告内で、HTTPメッセージの関連部分を強調表示します。検索機能を使用していない場合は、"<"と">"を使用して、ツールが生成した強調表示間で選択範囲を移動できます。