1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. ツール
  5. Sequencer
  6. 解析オプション

解析オプション

"解析オプション"タブでは、どのようにトークンを処理するか、解析中にどのタイプのテストを実行するか設定できます。

トークンハンドリング

解析中のトークンの処理方法を設定します。次のオプションがあります:

トークン解析

これらのオプションは、実行される解析タイプを制御します。文字レベルやビットレベルのテストタイプを、個別に有効または無効にできます。場合によっては、すべてのテストを有効にして初期解析を実行した後、理解したトークン特性の反映させるためや、サンプルによっては明らかにされた異常な特性の影響を分離するために、特定のテストを無効化したい場合があるでしょう。

結果ウィンドウで、解析オプションを変更し"解析をやり直し"ボタンをクリックすると、新しい設定で解析が再実行され、結果が更新されます。