1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. ツール
  5. Decoder

Burp decoder

Burp Decoderは、エンコードされたデータを正規化した形式に変換する、または生データを様々なエンコードやハッシュ形式に変換する、シンプルなツールです。ヒューリスティック技術を使用して、様々なエンコーディング形式を賢く認識できます。

Decoderへのデータ読み込み

2 つの方法で、Decoderにデータを読み込めます:

"Text"または"Hex"ボタンを使用して、データに使用するエディタを切り替えられます。

変換

異なる変換方法を、データの異なる部分に適用できます。次のデコードとエンコード操作が有効です:

加えて、Javaプラットフォームの機能に依存する、様々な一般的なハッシュ関数が利用できます。

データの一部に変換を適用すると、次のことが起こります:

新しいエディタは再帰的に操作でき、同じデータに複数層の変換を適用し、アンパックや複雑なエンコード方法を適用できます。さらに、トップパネルだけではなく、エディタパネルにある変換されたどのデータも編集できます。よって例えば、攻撃で使用する修正されたかつ有効なフォーマットのデータを生成するために、複雑な形式のデータを取得し、URLとHTMLデコードを実行し、それに(逆順で)HTMLとURLエンコードを再度適用できます。

手動操作

手動デコードとエンコードを実行するには、必要な変換方法をドロップダウンリストから選択します。選択した部分のデータ、または何も選択していなければデータ全体に、選択した変換が適用されます。

スマートデコード

Decoderの任意のパネルで、"スマートデコード"ボタンをクリックできます。URLエンコードやHTMLエンコードのような認識可能なフォーマットでエンコードされたデータをパネルのコンテンツから探し、賢くデコードしようとします。このアクションは再帰的に実行され、さらに認識可能なデータ形式が検出されなくなるまで継続します。不明確なデータを特定する第一歩に便利で、よりわかりやすい形式に簡単にデコードできるかどうかすぐにわかります。データの各部分に適用されたデコードは、通常通り色付けされます。

一般的なエンコード形式を認識しようとBurp Decoderは"最善の推測"をしますが、時々間違う場合があります。その場合、デコードに関与した全ての段階や、各部分に適用された変換方法を簡単に確認できます。手動コントロールを使用して間違った変換を手動で修正し、手動またはスマートにその部分からデコードを継続できます。