1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. ツール
  5. Proxy
  6. メッセージのインターセプト

メッセージのインターセプト

インターセプトタブは、ブラウザとWebサーバ間を通過するHTTPおよびWebSocketメッセージの表示と変更に使われます。全てのメッセージを表示・インターセプト・変更できるこの機能は、Burpのユーザ主導型ワークフローの中核です。Burp Proxyオプションのインターセプトルールで、どのHTTPリクエストとレスポンスをインターセプトするか(例えば、スコープ内のアイテム、指定した拡張子のアイテム、パラメータを含むリクエストなど)を設定できます。どのWebSocketメッセージをインターセプトするかも、設定できます。

コントロール

インターセプトしたメッセージが表示されているパネルの上部に、宛先サーバの詳細が表示されます。HTTPリクエストについて、サーバ表示またはその横のボタンをクリックして、リクエストを送信するサーバを手動で編集できます。

パネルには、次のコントロールもあります:

注: メッセージの転送や破棄にホットキーも使えます。デフォルトで、Ctrl+Fで現在のメッセージを転送します。ホットキーオプションでホットキーのデフォルトを変更できます。

メッセージ表示

インターセプトタブのメインパネルには、現在インターセプトしたメッセージを表示するメッセージエディタがあり、メッセージの解析や様々なアクションを実行できます。

エディタのコンテキストメニューには、多数の有用なアイテムがあります。エディタ自体の提供する標準的な機能に加え、HTTPメッセージに対して次のアクションが可能です: