Burp Suiteオプション

Burpには、すべてのツールの動作に影響を与える多数のSuite全体オプションがあります。これらは、プロジェクトレベルとユーザレベルのオプションに分かれています。

以下のリンクで、利用可能なさまざまなオプションすべての詳細情報が確認できます。完全なリストは最初は気が遠くなるかもしれませんが、使用する可能性の高い主要な設定オプションの概要も紹介しています。

続きを読む

重要な設定

一部のオプションは、プロジェクトとユーザレベル両方で定義できます。ユーザレベルで通常のオプションを設定し、必要な場合はプロジェクトごとに上書きできます。たとえば、通常はインターネットへの接続に社内LANのプロキシを使用している場合は、それをユーザレベルで設定します。特定のプロジェクトで、内部アプリケーションや特定のアプリケーションをオンサイトでテストするときは、異なる上位プロキシを使用する必要があるか、上位プロキシをまったく使用しないかもしれません。この場合は、関連するプロジェクトのプロジェクトレベルの設定でこれを設定できます。

プロジェクトオプション

プロジェクトレベルのオプションは、ディスクベースプロジェクトのBurpプロジェクトファイルに格納されます。プロジェクトの設定ファイルに保存や読み込みもできます。

続きを読む

ユーザオプション

ユーザレベルオプションは、Burpのローカルインストールに格納され、Burp起動時に自動的に再読み込みされます。設定ファイルに保存や読み込みもできます。

続きを読む