1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. オプション

オプション

Burpには、すべてのツールの動作に影響を与える多数のSuite全体オプションがあります。これらは、プロジェクトレベルおよびユーザレベルのオプションに分かれています。

一部のオプションは、プロジェクトとユーザレベル両方で定義できます。ユーザレベルで通常のオプションを設定し、必要な場合プロジェクトごとに上書きができます。例えば、通常はインターネットへの接続に社内LANのプロキシを使用していて、それをユーザレベルで設定します。特定のプロジェクトで、内部アプリケーションや特定のアプリケーションをオンサイトでテストするときは、異なる上位プロキシを使用する必要があるか、上位プロキシを全く使用しないかもしれません。この場合は、関連するプロジェクトのプロジェクトレベルの設定でこれを設定できます。

プロジェクトオプション

プロジェクトレベルのオプションは、ディスクベースプロジェクトのBurpプロジェクトファイルに格納されます。プロジェクトの設定ファイルに保存や読み込みもできます。

プロジェクトレベルオプションのヘルプは、次のリンクを参照してください:

ユーザオプション

ユーザレベルオプションは、Burpのローカルインストールに格納され、Burp起動時に自動的に再読み込みされます。設定ファイルに保存や読み込みもできます。

ユーザレベルオプションのヘルプは、次のリンクを参照してください: