1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. オプション
  5. HTTP

オプション: HTTP

このタブでは、リダイレクトストリーミングレスポンスステータス100レスポンスをBurpがどのように制御するか設定します。

リダイレクト

リダイレクトをたどるべき状況として、Burpが認識するリダイレクトタイプを設定します。

次の種類のリダイレクトを選択できます:

Burpが特定の対象にリダイレクトをたどる動作は、個々のBurpツールの設定(例えばTargetスコープに基づくなど)によって決定されることに注意してください。

ストリーミングレスポンス

レスポンスが終了しない"ストリーミング"レスポンスを返すURLをBurpに通知できます。Burpはこれらのレスポンスに、通常のレスポンスとは異なる処理をします。

取引価格データを継続的に更新するような機能のアプリケーションで、ストリーミングレスポンスが使われます。通常、クライアント側のスクリプトコードがリクエストを生成し、サーバはレスポンスストリームを開いたままにし、継続データが利用可能になったらそれをリアルタイムにプッシュします。インターセプトプロキシは、ストアアンドフォワードモデルを使用するので、これらのアプリケーションを壊す可能性があります: Proxyはストリーミングレスポンスが終了するのを無限に待機し、クライアントには何も転送されないでしょう。

ストリーミングレスポンスは、個々のBurpツールで次のように処理されます:

ストリーミングURLの設定には、URLマッチングルールのヘルプを参照してください。

ストリーミングレスポンスに関するさらに2つのオプションがあります:

ストリーミングレスポンスは多くの場合GZIPエンコーディングを使用して圧縮されています - ProxyRepeaterの通常のオプションで、Burpがこれらのコンテンツを展開するよう設定できます。

(バイナリファイルのダウンロードのような)とても大きなレスポンスを処理する際、ストリーミングレスポンスを使用するとBurpのパフォーマンスを向上させるためにストアアンドフォワードプロキシモデルをバイパスできます。

ステータス100レスポンス

ステータスが100のHTTPレスポンスをBurpが処理する方法を制御します。サーバにPOSTリクエストを送るとき、リクエストボディが転送される前に、暫定的なレスポンスを返す場合によく発生します。

次の設定があります: