1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. 入門
  5. Burp projects

Burpプロジェクトでの作業

Burpプロジェクトは、タスクや対象アプリケーションごとに異なる作業の管理に使用されます。2種類のBurpプロジェクトが作成できます:

プロジェクトファイル

Burpプロジェクトファイルには、作業中の全てのデータと設定が保持されます。作業している間、ファイルにデータが追記されていきます。作業終了時に明示的に"保存"をする必要はありません。

開始ウィザードまたはコマンドライン引数を使用して、既存のプロジェクトを開けます。Burpはプロジェクトのデータと設定を再読み込みし、中断したところから作業を再開できます。

注: アプリケーションによっては大量のデータが生成される場合があり、プロジェクトファイルのサイズが非常に大きくなる(例えば、数ギガバイト)可能性があります。Burpのプロジェクトファイルを使用する場合、空きディスク領域が十分か確認してください。

プロジェクトのコピーを保存

Burpメニューから"プロジェクトのコピーを保存"を選択すると、現在のプロジェクトのコピーを、新しいプロジェクトファイルに保存できます。

どのツールのデータを新しいプロジェクトファイルに含めるか、スコープ内アイテムのみ保存するかを選択できます。

プロジェクトスコープを詳細に設定し、より小さなプロジェクトファイルを作成したい場合や、不要なデータを削除したい場合に、この機能が便利です。

新プロジェクトの保存中も継続してBurpを使用できますが、保存中のデータに対して操作を実行すると、データの破損を避けるために若干の遅延が発生する可能性があります。

Burp Collaboratorの識別子を保存

プロジェクトに関連付くBurp Collaborator通信を検索する際に使用する一意な識別子を、プロジェクトをコピーする際にプロジェクトファイルに保存するかどうか、プロンプトが表示されます。2つのBurpインスタンスで同じ識別子を共有し作業すると、Collaboratorベースの診断項目を見逃す、または正しく報告されない可能性があります。プロジェクトファイルを他人に渡すつもりで、かつ進行中のそのテストに関連付くCollaborator通信の詳細を、彼らに受信させたくない場合は、Collaboratorの識別子を含めないでください。

プロジェクトのインポート

ディスクベースのプロジェクトを使用している場合、Burpメニューから"プロジェクトのインポート"を選択すると、別プロジェクトを現在のプロジェクトにインポートできます。

プロジェクトファイルから、どのツールのデータをインポートするか選択ができます。

プロジェクトのインポート中も継続してBurpを使用できますが、インポート中のデータに対して操作を実行すると、データの破損を避けるために若干の遅延が発生する可能性があります。