1. サポートセンター
  2. ドキュメント
  3. デスクトップ版
  4. 入門
  5. コマンドライン

コマンドラインからBurp Suiteを起動

コマンドラインからBurp Suiteを起動するには、プレーンなJARファイル版のBurpをダウンロードする必要があります。JARファイルはJavaを使用して実行でき、JARファイル自身のコンテンツを展開する必要はありません。

まずJavaがインストールされているかどうかを確認します:

Javaがインストールされている場合は、コマンドプロンプトで次のようにコマンドを入力します。

java -jar -Xmx4g /path/to/burp.jar

4の部分は、Burpに割り当てたいメモリ量(Gb単位)で、 /path/to/burp.jar はBurpのJARファイルのコンピュータ上の場所です。

うまくいけば、スプラッシュ画面が数秒表示されて、その後起動ウィザードのウィンドウが表示されるはずです。もし何も起こらなかったり、エラーメッセージが表示された場合は、トラブルシューティングを参照してください。

コマンドライン引数

Burpの動作を制御する様々な起動コマンドライン引数があります。例えば、拡張を読み込ませない、特定のBurpプロジェクトファイルを開く、特定の設定ファイルを読み込む、などを指定できます。

利用可能なオプションの一覧を表示するには、--helpコマンドライン引数を指定してください。